ひと手間が長持ちの秘訣

はんこイメージ

よく、認印なんかでも、シャチハタ不可だと言われることが多いですが、こんな画期的な印鑑を使えないなんて!と思いますよね。

そして、シャチハタ不可の理由が、印面がゴムなので、印影に違いが出やすいから、ダメだと聞きますが、実際、普通の印鑑を使っていても、捺印の仕方によって、印影が変わってくるような気もします。

では、硬い素材で出来ている認印と、印面がゴムで出来ているシャチハタの何が違うのでしょうか。

それは、印影が滲みやすいせいで、シャチハタが不可の場合が多いそうです。

当たり前のことですが、水に弱いものなので、印鑑もシャチハタも滲んでしまいますが、シャチハタの場合、強く押してもインクがたくさん出てしまうため、滲んでしまい、印影がはっきりわからなくなってしまいます。

印鑑でも、朱肉を付け過ぎると滲むこともありますが、シャチハタほど印影が変わることがないそうです。
そのため、銀行印などの認印でいいところでも、シャチハタは使えないということがあります。

ですが、基本的にシャチハタで銀行口座を作ろうと考える人はまずいないと思いますので、特に気にすることでもないかもしれませんが、万が一、シャチハタで口座などを作ろうと考えている人は、偽造されやすいという範囲ではなく、誰でも同じものを持てるということだけは覚えておいてください。

それでも頑なにシャチハタで銀行口座を作るという人はいないでしょうが、銀行印というのは自分の財産を守ってくれる役割をしてくれるので、きちんとしたものを使うことをおすすめします。

〔お役立ち!便利サイトのご紹介〕

ページの先頭へ