印鑑のイメージ

スタンプイメージ

印鑑のイメージは、貴重品というイメージを持ちますが、スタンプと聞くと可愛らしいイメージに変わりますよね。
ですが、印鑑もスタンプも役割はさほど変わりません。

印鑑を捺印していても、何も面白いことはなく、何かの書類だったり、公正証書などに押したりという場面でしか使いませんが、スタンプだと気軽に色々な場所に押すことができます。

もちろん、自分の名前だけのスタンプでは、普通の印鑑と変わりはありませんが、少しデザインを入れてみたり、似顔絵のスタンプだったりすると、楽しいかもしれません。

しかし、最近こうしたものを使う機会が少なくなっています。

文字を書くにしても、鉛筆やボールペンなどを使わず、キーボードをタッチすれば出来ることですし、手紙なんて書かなくても、すぐに届くメールがありますので、文具を使うということがないのではないでしょうか。

少し、寂しい感じがしてしまうので、たまにはこうしたスタンプなどを作り、手書きの手紙に押して送ってみるのもいいのではないでしょうか。

機械が表わす文字より、手書きのほうが感情も伝わりやすいですし、今、こうしたものをもらう機会も少なくなってきているので、喜ばれることでしょう。

何かを手渡しするときにも、スタンプなどを目印に付けておくと、楽しんでもらえるかもしれません。

印鑑やスタンプなど、使う機会がないので、作る人も少なくなってきていますが、違った楽しみ方を見つけて、もっと印鑑やスタンプに触れてみると、きっと楽しい文具だということに気づいてもらえるかと思います。

〔お役立ちサイト情報〕

象牙の本格実印から、オーソドックスな柘印鑑、おしゃれはんこまで種類が豊富。

人生に一本の印鑑は印鑑の激安専門店【ハンコヤドットコム】でどうぞ!

ページの先頭へ